~ どなたでもご参加いただけます。 ~

周産期医療研究会

7月17日(水)
19:00~20:30

『臍帯血による脳性麻痺および自閉症治療の現状と展望』

株式会社ステムセル研究所
細胞技術センター長 佐藤 英明

医療従事者/
福岡新水巻病院
8階大会議室
 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

※ 会名について 要予約になります
「育児」 : 北九州西部地区育児研究会
「医療」 : 北九州西部地区周産期医療研究会
「合同」 : 「育児」 + 「医療」

※ 学会等により急遽変更になる場合がございますので、お電話でご確認ください。

育児 北九州西部地区育児研究会とは

(原則 毎月第1もしくは第2水曜日開催)

育児に関わる一般の方々から、医療従事者まで様々な方々を対象として、育児、成長、発達、健康などについて考える会です。講師は当院以外にも全国各地からお招きして、興味深いお話を頂戴しています。一般の方々も気軽に参加していただける会です。事前に内容に対するご質問もお受けすることができます。人生の基礎を作る妊娠期から乳幼児期を大切にしたい思いが詰まった会です。

過去の勉強会

              

日付 『教室テーマ』 講師

平成31年2月27日

『トリソミーについて』

福岡新水巻病院
小児科医師 永田 郁子

平成31年1月23日

『脳科学からみた歌い聞かせ、読み聞かせ
    ~教室での実践~』

公文式水巻教室
伊藤 ゆう子

平成30年11月19日

『3歳児の言葉の遅れについて』
 

福岡新水巻病院
周産期センター長
白川 嘉継

平成30年10月24日

『様々な問題を持つ子どもを地域でささえる
    ~当院での症例~』

福岡新水巻病院
地域医療連携室 原 厚子
地域医療連携室 野田 陽子

平成30年9月26日

『多職種連携でリハビリテーションのできること』

福岡新水巻病院
リハビリテーション科
水野 健太郎

平成30年8月22日

『あそびを通して子どもをみる
    ~臨床心理士の立場から~』

福岡新水巻病院
臨床心理士 迫村 佳菜子
臨床心理士 藤本 茉夏

平成30年7月25日

『睡眠の重要性』

福岡新水巻病院
周産期センター長
白川 嘉継

平成30年6月20日

『発達障がい児の支援について
    ~児童発達支援事業所の取り組み~』

 

児童発達支援 放課後等デイサービス
ごえん管理者 善明 勇二
特定障害児相談支援
ぱれっと・おんが 安永 昌德

平成30年4月27日

『ちょっと気になる こどもたち』 福岡新水巻病院
周産期センター長
白川 嘉継

平成30年3月27日

『ボンディング症、関係性症と愛着症 
        ~精神療法を通じて感じた事~』
福岡新水巻病院
周産期センター長
白川 嘉継

平成30年2月27日

『周産期医療の現場から~子どもを亡くし、障害児の
    親となり、NICUの看護師となった私から~』
福岡新水巻病院
看護師 外野 美由紀

平成30年1月24日

『子どもの傷つきを考える~発達症に着目して~』 福岡新水巻病院
臨床心理士 迫村 佳菜子
臨床心理士 藤本 茉夏

ページの先頭へ戻る

医療 北九州西部地区周産期医療研究会とは

(原則 毎月第3もしくは第4火曜日開催)

周産期とは妊娠22週から出生後1週間までの期間です。周産期医療はその周辺にかかわる医療で、主に産科、小児科、小児外科などの分野が関わっています。様々なテーマについて、主として当院のスタッフが中心となって講師を務めさせていただいている研究会です。医療の質を高めるために、産科と新生児に関わる医療従事者を中心として、ご意見を頂戴しながら、周産期医療の発展を目指しています。最近は全国的に著名な講師をお招きし、開催させていただける機会が増えてまいりました。

過去の勉強会

  『教室テーマ』 講師

平成31年4月25日

『肺高血圧症とは~病態と治療~』 アクテリオン
ファーマシューティカルズ ジャパン
メディカルサイエンス統括本部
MSL部 山村 博之

平成31年3月12日

『周産期の抗菌薬適正使用を考える』

福岡新水巻病院
小児科医師 嶋田 和浩

平成31年2月27日

『トリソミーについて』

福岡新水巻病院
小児科医師 永田 郁子

平成31年1月30日

『子どもたちの未来のために
  ~周産期それぞれの立場からできること~』

福岡新水巻病院
周産期センター長 白川 嘉継
周産期副センター長 中村 薫

みずまき助産院 ひだまりの家
院長 髙橋 愛子

平成30年11月29日

『周産期医療とその周辺領域における母体トラウマ治療』

福岡新水巻病院
周産期センター長
白川 嘉継

平成30年10月24日

『様々な問題を持つ子どもを地域でささえる
    ~当院での症例~』
福岡新水巻病院
地域医療連携室 原 厚子
地域医療連携室 野田 陽子
平成30年9月26日 『多職種連携でリハビリテーションのできること』

福岡新水巻病院
リハビリテーション科
水野 健太郎

平成30年8月29日 『新生児低血糖について』

福岡新水巻病院
小児科 嶋田 和浩

平成30年7月25日

『睡眠の重要性』

福岡新水巻病院
周産期センター長
白川 嘉継

平成30年6月27日 『楽しく育児をするために自然のお産のすすめ』

福岡新水巻病院
産婦人科 中村 薫


皆様の健康づくりを福岡新水巻病院のスタッフで応援させて頂きます。どうぞ、お気軽にご参加下さい。


☆参加希望者は、下記までご連絡下さい。

TEL 093-203-2220 / MAIL shien@shinmizumaki-hp.jp

画像:周産期センター
社会医療法人財団 池友会 福岡新水巻病院 周産期センター 電話番号 お問合せはこちら
  • 育児に関する教室
  • 福岡新水巻病院の求人情報
  • WHITE BIRD